相続人調査と相続財産調査

相続が発生し遺産相続を進めていく際、まず手始めに亡くなった方(被相続人)の相続人と財産を調査する必要があります。

この2点を基礎に遺産相続が進んでいくことになりますので、きちんとした調査が必要になります。

”相続人は家族しかいないからわざわざ書類で調査しなくても大丈夫””財産は把握しているから調査の必要はない”、と安易に考えて調査を怠ると、後々トラブルにつながることがありますので、調査は書類などからきちんと確定していきましょう。

相続人の確定は亡くなった方の戸籍謄本から確定することができるので、亡くなった方の出生から死亡までの戸籍謄本を取り寄せましょう。

財産の確定は、亡くなった方の遺した書類や金融機関の通帳、郵送物などから確定していきます。

これらの調査を怠ってしまうと、後々家族以外に相続人の権利を持つ者の存在が判明したり、相続財産の中に借金がある事が分かり、すでに放棄することが難しくなってしまう事もあります。相続人と相続財産がきちんと確定していないと、相続税申告が必要か否かも判断することができず、申告期限が過ぎてしまったという事にもなりかねません。ですから、相続人調査と財産調査は必要不可欠な手続きとなりますのでなるべく早期に着手するようにしましょう。

相続人調査と財産調査について詳しくはこちら!

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 無料相談実施中!
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所アクセス
  • 秋葉原オフィス:03-5298-5891
  • 武蔵浦和オフィス:048-837-1510

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

アクセス詳しく見る