相続財産の調査

亡くなった方が生前、どのような財産をどれくらい所有していたのか。亡くなった方が遺言書などによって、財産の全てを明確に記載している場合は相続人は遺言書通りに遺産の分配をすれば良いのですが、遺言書が無くなおかつどの相続人も亡くなった方の相続財産を把握していない場合、相続財産の調査をする必要があります。

金融資産がどれほど存在し、どこに存在しているのか全く分からないという方も以外と多いのが実情です。相続財産を確定して初めて遺産相続を進めることができるので、まずは早期に相続財産を調査しましょう。また、相続放棄や、限定承認などは手続きには相続が発生してから3ヶ月という期限がありますので、借金などマイナスな財産がある場合には要注意です。

相続財産の調査の方法

相続財産が分からない場合

①被相続人の通帳や郵送物を調査します。

②被相続人の相続人であれば、役所で戸籍謄本や名寄帳を取り寄せて、そこから被相続人の財産を調べることができます。

他の相続人が開示してくれない場合 弁護士などの専門家が間に入ることによって開示されるケースがあります。

相続人調査と財産調査について詳しくはこちら!

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 無料相談実施中!
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所アクセス
  • 秋葉原オフィス:03-5298-5891
  • 武蔵浦和オフィス:048-837-1510

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

アクセス詳しく見る