相続人の調査について

相続が発生したら、まず手始めにすべきことは相続人の調査です。亡くなった方の財産を相続する権利のある人物を特定していきます。調査方法としては、亡くなった方(被相続人)の出生から死亡までの戸籍謄本をとりよせることによって、相続人を確定することができます。

戸籍謄本は被相続人の本籍地のみで取り寄せることが出来るため、出生から死亡までの戸籍謄本を取り寄せるのが困難なケースもあります。

”戸籍謄本をわざわざ取り寄せなくても相続人は確定できている”という方もいらっしゃいますが、戸籍謄本を確認しなかったことによって、後々相続人の権利がある人物がでてきたり(認知の実子など)などのトラブルが実際にありますので、面倒がらずに戸籍謄本を取り寄せましょう。また、遺産の取得の際に被相続人の相続人であることの証明をする為に戸籍謄本が必要になりますので、この時点で取り寄せておくとよいでしょう。

 

相続人調査と財産調査について詳しくはこちら!

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 無料相談実施中!
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所アクセス
  • 秋葉原オフィス:03-5298-5891
  • 武蔵浦和オフィス:048-837-1510

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

アクセス詳しく見る