利子税と延滞税の発生

相続税の納税は、現金一括払いが原則です。納税を現金一括で支払う事が困難である場合には相続税の延納をすることもできます。しかし、延納をすると本来納税する相続税にさらに利子税を課税されることになります。ですから、なるべくであれば、現金一括払いが望ましいですね。

利子税の割合は以下の通りになります。

相続財産のうちの不動産の割合 延納期間 利子税
50%未満 5年 6.0%
50%以上75%未満 15年 3.6%
75%以上 20年 3.6%

上記の利子率をみてみると、安くはありません。ですから、相続財産の不動産の割合や延納期間によっては金融機関の方が利子が安くすむ場合もあるのも事実です。

金融機関から納税額分を借入て、一括現金で納税してしまうという方法も考慮してもよいかもしれません。

しかしながらどちらが良いとも一概には言えませんので、相続税を納税する現金がなく困っているという場合には専門家である我々税理士になるべく早い段階でご相談ください。お客様の状況を把握した上で、様々な案をご案内いたします。初回は無料でご相談を承っております。

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 無料相談実施中!
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所アクセス
  • 秋葉原オフィス:03-5298-5891
  • 武蔵浦和オフィス:048-837-1510

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

アクセス詳しく見る