相続税申告の期限

相続税の申告がある場合に、注意すべき点は申告及び納税に期限がもうけられているという点です。

相続税の基礎控除を超える財産の相続がある場合には、相続が発生した日の翌日から10ヶ月以内に相続税の申告を税務署に行う必要があります。相続税の申告が必要なのにもかかわらず、申告期限内に相続税の申告を行わなかった場合には、延滞税が加算税が課せられてしまう他、相続税の各種控除を受けられなくなります。本来様々は控除を適応することによって結果的に非課税になる場合でも申告の期限が過ぎてからの申告には、各種控除は適応されません。

期限を過ぎてしまう事で、追加の税金を支払わなければならない他、本来支払わなくてよい税金を支払わなければならないというマイナスな事ばかり発生してしまいます。

ですから、相続税の申告があるのに、遺産分割が進んでないという場合は、いったん法定相続分で期限内に申告をし、遺産分割がまとまった後で申告した内容に変更がある場合にはその旨を申告するという流れにしましょう。

そもそも相続人の調査や財産調査ができていないという場合には早期に相続の専門家にご相談されることをおすすめいたします。

 

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 無料相談実施中!
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所アクセス
  • 秋葉原オフィス:03-5298-5891
  • 武蔵浦和オフィス:048-837-1510

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

アクセス詳しく見る