相続人全員での申告

相続税の申告は、相続人が複数人いる場合、相続人全員で一つの申告書を提出するのが一般的です。

しかし中には相続人同士が不仲であったり、相続によって争いに発展してしまった場合などは各々が相続税申告をするというケースもあります。

こういった場合、相続人同士で内容が食い違った申告書を提出しないよう注意が必要です。異なった申告書が2枚以上提出されたことによって、税務署はどちらが真実であるのか調査を行う必要があります。税務署の調査が各相続人に入るということです。こうなると相続税の申告だけでかなりの労力と時間を費やしてしまい、誰にとっても良いことではありません。

上記のように相続人同士で申告する必要があるが、一つの申告書にまとめられそうにない!という場合は専門家である税理士にご相談されることをおすすめいたします。

相続税の申告がスムーズにいくようお手伝いさせていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 無料相談実施中!
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所アクセス
  • 秋葉原オフィス:03-5298-5891
  • 武蔵浦和オフィス:048-837-1510

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

アクセス詳しく見る