相続財産の評価

相続財産の評価とは、亡くなった方の遺産が亡くなった(相続が発生した)時点でどれほどの価値があるのか(時価)を算定することです。

預貯金は残額がそのまま評価になりますが、不動産や動産など、相続発生時点での評価を出さなければ相続税申告が必要か否かを判断することができません。相続財産の評価の仕方は財産によって異なり、非常に専門的な分野となってきますので、各々の専門家にご相談されることをおすすめいたします。

評価によって、相続税申告の納税額が変動してきますので、正しい評価ができていないと本来支払う税金より多く支払ってしまっているケースもありますので、相続税の申告に関することなら専門家である我々税理士にご相談ください。

相続財産の評価について詳しくはこちら!

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 無料相談実施中!
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所アクセス
  • 秋葉原オフィス:03-5298-5891
  • 武蔵浦和オフィス:048-837-1510

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

アクセス詳しく見る