相続税の計算方法

相続する財産の総額が相続税の基礎控除額「3000万円+600万円×相続人の人数」を超える場合には相続人は税務署に相続税の申告をする必要があります。

相続税には、基礎控除以外にも配偶者控除や贈与税控除など様々な控除があります。これらの控除を適用するには相続税の申告の期限内に相続税の申告をしてあることが条件であり、申告した上で控除が適用されます。

まずは基礎控除額を基に、相続税申告が必要なのか必要であればどれくらい納税になるのかを計算する必要があります。

こういった相続税の計算は専門分野となりますので、相続税申告が必要である場合、又は必要かどうか判断できない場合には当税理士にご相談ください。

下記でも相続税の計算方法をご紹介させていただいておりますので、ご参考ください。

相続税の計算方法について詳しくはこちら!

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 無料相談実施中!
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所アクセス
  • 秋葉原オフィス:03-5298-5891
  • 武蔵浦和オフィス:048-837-1510

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

アクセス詳しく見る