相続税申告と納税

相続が発生し、相続する財産の合計額が相続税の基礎控除額を超える場合には、相続人は税務署に相続税の申告と納税をする必要があります。ここで注意が必要なのが、相続税の申告及び納税は相続が発生した日の翌日から10ヶ月以内に申告するのが原則であり、納税は現金一括払いが原則です。

相続税の納税をする際に現金一括払いができるほど、現金がない場合。相続する財産が不動産ばかりで現金がほとんどないというケースがありますが、こういった場合いどのような方法をとればよいのでしょうか。

不動産ばかりで現金がほとんどない場合には生前に不動産を売却しておいて現金化しておくという方法がありますが、相続とはある日突然訪れるものです。ですからこういった場合どうすればよいかを下記にてご確認ください。

相続税申告と納税について詳しくはこちら!

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 無料相談実施中!
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所アクセス
  • 秋葉原オフィス:03-5298-5891
  • 武蔵浦和オフィス:048-837-1510

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

アクセス詳しく見る