延滞税や加算税について

相続税の納税を期限内に納付できなかった場合、又期限内に納税したが、申告及び納税した内容に誤りがあった場合は、相続税のほかに延滞税や加算税が別途課せられますので注意が必要です。

以下、延滞税及び加算税をご説明いたします。

延滞税

続税の納付期限までに納付をしなかった場合、納付期限から納付した日までの日数に応じて本税の年14.6%を乗じて計算した金額を相続税とは別に延滞税として納付する必要があります。

過少申告加算税

  1. 本来申告すべき税額より少ない税額で申告し、税務調査によって誤りがあることが判明した場合には、追加で納付する税金に10%(期限内申告の税額と50万円のいずれか大きい金額を超える場合、超える部分に関しては15%)を乗じて計算した金額を過少申告加算税として相続税と合わせて納付する必要があります。
  2. 本来申告すべき税額より少ない税額で申告し、自主的に修正申告書を提出した場合には、過少申告加算税は課税されません。

無申告加算税

  1. 相続税の申告をする必要があるのを分かった上で、申告書を提出していなかった場合に、自主的に申告書を提出した場合には、納付する税額の5%を乗じて計算した金額を無申告加算税として相続税と合わせて納付する必要があります。
  2. 続税の申告をする必要があるのを分かった上で、申告書を提出していなかった場合に、税務調査によって申告もれがあったことが判明し、申告書を提出した場合には納付する税額に15%を乗じて計算した金額を無申告加算税として相続税と合わせて納付する必要があります。

重加算税

  1. 財産を仮装・隠ぺいし、実際より少なく相続税申告した場合には、本来納付する税額に35%を乗じて計算した金額を重加算税として相続税と合わせて納付する必要があります。
  2. 財産を仮装・隠ぺいし、相続税申告をしなかった場合には、本来納付する税額に40%を乗じて計算した金額を重加算税として相続税と合わせて納付する必要があります。

相続税申告と納税について詳しくはこちら!

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 無料相談実施中!
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所アクセス
  • 秋葉原オフィス:03-5298-5891
  • 武蔵浦和オフィス:048-837-1510

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

アクセス詳しく見る