物納と延納

相続税の物納とは

相続税申告及び納税があり、現金一括での納税が困難である場合、税務署にその旨を申請することによって、要件を満たしていれば現金以外の財産による納税が認められます。

要件

物納が認められる財産

相続税の延納とは

納税額が10万円を超えている場合で、現金一括での納税が困難である場合、税務署にその旨を申請することによって、要件を満たしていれば納税期限を延長することが認められます。

ただし、延納することにより利子税が加算されますので注意が必要です。

要件

延納期間

相続する不動産の割合によって期間が異なります。

利子税の発生

相続税の延納が認められた場合、相続税の申告期限の翌日から分納税額の納期限までの期限に応じて一定の割合を乗じて計算した利子税を相続税と合わせて納付する必要があります。

相続税申告と納税について詳しくはこちら!

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 無料相談実施中!
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所アクセス
  • 秋葉原オフィス:03-5298-5891
  • 武蔵浦和オフィス:048-837-1510

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

アクセス詳しく見る