遺産相続と相続税申告

相続が発生した際、亡くなった方が所有していた財産が相続税の基礎控除額を超える場合には、税務署に相続税の申告をする必要があります。相続税の申告には期限が設けられており、被相続人が亡くなった日の翌日から10ヶ月以内に税務署に相続税申告を行う必要があります。

この申告をしなければ、追徴が課せられ、又、小規模宅地の特例等の相続財産を減額できる様々な特例が使えなくなってしまいます

10ヶ月以内に相続税の申告をするという事は、それまでの調査や相続手続きは10ヶ月以内に済ませておかなければなりません。遺産相続は期限のある手続きが含まれているということ。そして期限を過ぎてしまうと取り返しのつかない事になってしまう手続きもありますので、なるべく早期に着手する必要があります。

相続税申告の期限はたとえ遺産分割がまとまっていなくても、ひとまず期限内に仮の申告をします。当然、仮の相続税申告なので後々遺産分割がまとまり、多く支払った税金がある場合には、修正申告をして還付請求することができます。

万が一、相続税申告の期限が迫っているが手をつけていない!という場合には早期にご相談ください。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 無料相談実施中!
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所アクセス
  • 秋葉原オフィス:03-5298-5891
  • 武蔵浦和オフィス:048-837-1510

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

アクセス詳しく見る