遺産分割の方法

亡くなった方の遺産はどのように相続人で分けたらよいのでしょうか。遺言によって分配が指定されていれば問題はありませんが、遺言がなく、遺産分割協議で財産の分配を決める場合、遺産を相続人間でどのように分割するのか、またどんな分割方法があるのか、下記にて確認しましょう。

現物分割

現物分割とは財産そのものをそのままの状態で一つ一つ誰が相続するのかを決めていく分割方法です。

遺産分割の際、一番多くとられる方法がこの現物分割です。分かりやすく説明しますと、例えば、亡くなった親が住んでいた実家の土地・建物は長男が相続し、親が所有していた別荘の土地・建物は長女が相続し、預貯金を次男が相続する。というように財産ごとに相続人を決めていく方法です。

一番単純な分割方法で分かりやすいのですが、財産によって相続人間で差がでてきてしまい、それが原因でトラブルになる事もあります。

代償分割

代償分割とは、一人の相続人が特定の財産を相続する代わりに、他の相続人に金銭を渡す方法を代償分割といいます。

例えば親が経営していた会社を受け継ぐような場合に、会社の財産を店舗は長男に、資金は次男にという現物分割にしてしまうと、会社の経営が難しくなります。このような場合、会社の財産を全て跡継ぎをする長男が相続し、 他の相続人に代償金を支払うという形をとる方が会社全体の相続が円滑に進みます。

換価分割

換価分割とは、不動産や動産などの財産を全てお金に代えて、その金銭を相続人で分けるという方法です。

このような場合は遺産を売却・処分することになりますので、処分費用や譲渡取得税などもかかってきますので注意しましょう。

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 無料相談実施中!
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所アクセス
  • 秋葉原オフィス:03-5298-5891
  • 武蔵浦和オフィス:048-837-1510

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

アクセス詳しく見る