相続税申告期限が迫っている

相続税の申告は、相続が発生した日の翌日から10ヶ月以内に申告しなければなりませんが、この期限が迫っているにも関わらず遺産分割など申告に必要な手続きが済んでおらず、申告期限に間に合いそうにない!という場合。

このような場合は、ひとまず法定相続分で期限内に相続税の申告をします。期限を過ぎてしまうと延滞税など、本来支払うべき相続税以外に余計な税金を支払わなければならない上に、本来受ける事ができた控除が受けられなくなるなど、デメリットなことばかりです。

一旦申告をした後で遺産分割を行いその結果、申告した内容に変動がある場合には、修正申告、又は更正の請求を税務署にすることによって、過不足分を返還又は請求されることとなります。

期限が迫っていて間に合わないからという事由は税務署では認められず、期限は原則ですのでひとまず相続税の基礎控除を超えている財産がある場合には10ヶ月以内に申告及び納税するようにしましょう。

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 無料相談実施中!
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所アクセス
  • 秋葉原オフィス:03-5298-5891
  • 武蔵浦和オフィス:048-837-1510

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

アクセス詳しく見る