二次相続

二次相続とは、ある相続が発生(一次相続)し、その数年後に一次相続と相続人が同じになる相続が発生(二次相続)することをいいます。例えば一次相続で夫を亡くし相続人が妻と子2人であり、数年後に妻が他界し、相続人が子2人になるような相続の事です。相次いで相続が発生することから、相似相続ともいいます。

これは、10年間の間に2回以上相続が発生した場合に、相似相続とされ、控除の対象となります。これを相似相続控除といいます。

相次いで相続が発生してしまうと、その都度相続人になる方は非常に負担が大きいものとなります。

相続税が発生しない相続であれば相続税の負担が無いので問題ありませんが、その都度相続税が発生してしまう事を考慮し、一次相続で発生した相続税の一部を二次相続の際控除しますという控除になります。

この控除は法定相続人にのみ適応されますので、一次相続、二次相続共に第三者への遺贈という場合には適応されませんので注意が必要です。

生前にできる二次相続対策として

生前に相続税の対策をする場合、単に一次相続の事だけでなく二次相続の事も考慮しておく必要があります。

ポイントとしては、一次相続の際、誰に多めの財産を取得させておくかという点です。

例えば核家族の父であり、相続人が配偶者の妻、子供2人である場合。

一次相続で配偶者に多めに相続させるか、子に多めに相続させるかによって二次相続(妻が亡くなった時)の子供の相続税の負担が変わってきます。

こういったポイントをおさえつつ、生前にどういった財産分与にするのかを考え、遺言書の作成をしておくことが生前にできる対策といえます。

生前対策について詳しくはこちら!

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 無料相談実施中!
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所アクセス
  • 秋葉原オフィス:03-5298-5891
  • 武蔵浦和オフィス:048-837-1510

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

アクセス詳しく見る