生命保険と生前対策

生命保険は生命保険に加入していた被保険者が亡くなってしまった場合に、予め契約で設定されていた現金が支払われるというものです。では、生命保険でどんな生前対策ができるのでしょうか。以下をご参考ください。

生命保険の加入

生命保険には下記の非課税の限度額が設けられています。

500万円×法定相続人の数=非課税限度額

亡くなった方が加入していた生命保険で、受取人が相続人になっている場合には、相続人が受け取った生命保険の合計金額が非課税限度額を超えていなければ、相続税は発生しません。

ですから、上記の非課税限度額の範囲内の保険金の契約で生命保険に加入しておくということが、生前にできる生前対策となるでしょう。また、生命保険は現金で一括して支払われるほか、受取人を相続人にしておくことで財産の名義変更の手続きなども必要ありません。ですから、相続人としては非常にありがたい財産となります。

また、このような生前対策はごく一部ですので、生前にできる税金対策についてご興味のある方は我々税理士にお気軽にご相談ください。

生前対策について詳しくはこちら!

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 無料相談実施中!
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所アクセス
  • 秋葉原オフィス:03-5298-5891
  • 武蔵浦和オフィス:048-837-1510

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

アクセス詳しく見る